プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?調べてみた

更新日:

チッピー
どうも、LPガス代節約マニアのチッピーです。

都会の賃貸暮らしにうんざりして、郊外にマイホームを購入してみたら・・・。
高い高いとは聞いていましたが、1年暮らしてみて実際のガス代の違いにビビッてます。

これは、なんとかせねば・・・。

そもそも、プロパンガス(LPガス)都市ガスはいったい何が違うのでしょうか。
節約の第一歩として、ちょっと調べてみました。

さっそく、調べたことを説明しますね。

なぜ、わかれてる?都市ガスとプロパンガスとオール電化

家で生活しようと思うとエネルギーが要りますよね。
照明で明るくしたり、暖房で暖めたり、熱を使って調理したり風呂を炊いたりします。

チッピー
そのエネルギー源で必要なのが、電気やガスですね。
でも、なぜ都市ガスの家とプロパンガスの家、オール電化の家にわかれているのでしょうか?

ガスは、地域によって都市ガスかプロパンガスのどちらかを使うことになります。

ただし、都市ガスを使う場合はガス管が家の前まできている必要があります。
上下水道管と同じように、地中に管が埋設されていないと使えないのです。

埋設されたガス管

都市ガスの管がきていない地域では?
都市ガスの管がきていない地域では、新たに埋設することになります。
ただし、超高額になるためプロパンガスを使うかオール電化住宅にするのが一般的です。
オール電化住宅とは、その名のとおりガスを使わず家庭内のエネルギーを全て電気でまかなう住宅のことです。コンロも電気。給湯器も電気になります。

プロパンガスは、地中配管が不要です。
家の周りにボンベを設置して、そこから宅内にガスを供給します。

だから、ガスボンベさえ設置できたら、どんな田舎でも利用できます。
その結果、都市ガスとプロパンガスのシェアが約半々になりました。

チッピー
都会の中にも、ポツンとLPガスの家があります。
諸事情で、そこだけ都市ガス管が埋設されていないのです。

LPガスのボンベってこんなのです

いっぽう、電気式給湯器やIHクッキングヒータの普及でオール電化という選択肢が生まれました。

オール電化住宅は、電力会社の割引と世間のエコ志向で一気に普及しました。

都市ガスとプロパンガスの違い

さて、都市ガスとプロパンガス、何が違うのでしょう?

まず、都市ガスとプロパンガスは供給してくれる業者が違います。
都市ガスは、東京ガスや大阪ガスのように名の知れた大会社です。
プロパンガスは、一般的に地域のプロパンガス業者です。

さらに、料金設定や熱量も違います。
違いを表にすると、こんな感じです。

比較項目 都市ガス プロパンガス
料金 公共料金 自由料金
ガス代 低め 高め
設置 埋設ガス管が必要 ボンベ置場が必要
熱量 11,000キロカロリー 24,000キロカロリー
災害復旧 遅め 早め
特長・性質
  • ・無色無臭
  • ・ガス漏れ対策に臭いが付けてある
  • ・空気より軽い
  • ・マイナス162℃で液体になる
  • ・無色無臭
  • ・ガス漏れ対策に臭いが付けてある
  • ・空気より重い
  • ・マイナス42℃で液体になる
原料
  • ・天然ガス
  • ・主成分はメタン
  • ・いろいろな国から分散輸入
  • ・液化石油ガス
  • ・主成分はプロパンやブタン
  • ・主に中東から輸入

都市ガスとプロパンガスは、このガス代の差が激しいわけです。
でも、簡単にプロパンガスから都市ガスに乗り換えられないのです。

ぐぬぬ・・・。

ガスの違いによるコンロや給湯器の違い

ガスコンロ

都市ガスで使っていたコンロや給湯器は、プロパンガスに変えたら使えなくなります。
でも、ちょっとした部品交換で使えるようになります。

チッピー
もちろん、部品があればの話なので、古い機種は買い換えになります。

ですから「コンロがプロパンガス専用のものになって、調理のしやすさが変わるのでは?」という心配は要らないですね。

コンロや給湯器自体は同じものです。

都市ガスとプロパンガスのカロリー差

都市ガスとプロパンガスではカロリーが倍ぐらい違います。
プロパンガスの方が高いです。

でも、だからといってプロパンガスのコンロの方が火力が強いとか、プロパンガス給湯器の方が湯の沸くスピードが早いということはありません。

火力はコンロや給湯器の性能によるので、どちらも同じです。

都市ガスとプロパンガスの利用可能時間

都市ガスとプロパンガスは、同じ体積でも利用可能時間が違います。
たとえば「1000キロカロリー/時」という性能のコンロで比較してみましょう。

まず、都市ガスとプロパンガスの熱量は以下のとおりです。

  • 都市ガス → 1m³あたり11,000キロカロリー
  • プロパン → 1m³あたり24,000キロカロリー

では、1m³のガスで「1000キロカロリー/時」という性能のコンロが何時間もつか、計算してみましょう。

  • 都市ガス → 11,000kcal÷1000=11時間
  • プロパン → 24,000kcal÷1000=24時間

熱量が高いので、プロパンガスの方が長持ちするんですね。

それなのに都市ガスの方が安いというのは・・・。
それだけプロパンガスの基本料金と単価が高いということです。

都市ガスとプロパンガスの安全性や緊急時対応の違い

都市ガスとプロパンガスは、安全性や緊急時対応に少し違いがあります。

まず安全性ですが、経産省の資料では事故率はどちらもそんなに大きな差がありません。
参考 経済産業省「都市ガスの安全・LPガスの安全」

ポイント
プロパンガスは、ガス漏れが起こると電話回線を使って業者に情報がいくようになっています。
都市ガスもプロパンガスも、ガス漏れや地震のときは自動で止まるようになっています。

ちなみに、ガス漏れが発生するとプロパンガスは重いので下にたまります。
都市ガスは空気より軽く上にたまるので、窓や換気扇で換気がしやすいです。

災害時の復旧速度

地震がおきて、ガス管に異常が発生した場合はどうでしょうか?

プロパンガスは各家に個別供給されているので、それぞれの家で点検確認してOKであればすぐに使えます。

都市ガスは、埋設してある配管の点検が必要です。
場合によっては、復旧まで1ヶ月ぐらいかかることもあります。

チッピー
大震災のときは、都市ガスの復旧に時間がかかりました。
非難村ではプロパンガスが使われていたので、災害時はプロパンガスの方が使いやすいです。

メンテナンス

日ごろのメンテナンスは、どうでしょうか?

メンテナンスは、プロパンガスの方が保守点検箇所が多いです。
ボンベの中の液体ガスを気体に戻す装置や、高圧ホースを使っているからです。

ちなみに、ガスボンベが空になるということはありません。
残量は、業者がコンピューター管理しています。

無くなる前に適切な対応をしてくれます。

まとめ

都市ガスにするか?プロパンガスにするか?

2つの選択は、あなたの家の位置で決まってしまいます。
家の前までガス管がきていないと、都市ガスは使えません。

プロパンガスは、都市ガスに比べ料金が高い傾向があり敬遠されがちです。
ただし、災害時の復旧が容易で震災のときに活躍しました。

どちらも一長一短がある、と言えそうですね。

プロパンガス会社を変更するメリットとデメリットは?

ガス代節約でニッコリ

プロパンガス代、高いですよね?
うちは、都市ガス → LPガスに引っ越したので特に実感します。

いろいろ、節約術を試してみたものの・・・。
毎月数百円程度しか、下がりませんでした。

でも、ある日プロパンガス会社を選べることに気づき・・・。
会社変更したら、年間4万円ぐらい節約できました!

こちらの記事に、ガス会社を変更して感じたメリットとデメリットを書きました。
LPガス代節約方法を探している方は、参考にどうぞ!

プロパンガス会社を変更して感じたメリットとデメリット

-LPガスの基礎知識

Copyright© わたしのLPガス料金節約術 , 2019 All Rights Reserved.